Kamikatsu-TeaMate

乳酸発酵の阿波晩茶の通販

新着情報

桶漬け完了しました。

3日間の怒涛の茶摘みが終わり、本日は上勝晩茶の製造の特徴の一つである桶漬け作業です。
まず、積んできた茶葉を大釜でゆで、それを揉捻機でもんでいきます。

それを桶の中にギューギューと詰めていきます。

この作業をひたすら繰り返し、桶がいっぱいになったら、芭蕉の葉を敷き、蓋をして、重石を乗せます。

この状態で約3週間くらい発酵させます。上勝の自然の中で、機械をほぼ使わず自然発酵させることで

上勝晩茶の独特の風味が出ます。

さぁ、新茶が出来上がるまで、あと少し、3週間後の桶出しが楽しみです。

記事の詳細を記述します。