ブログ|Kamikatsu-TeaMate

ブログ

梅雨ですね~

DSC_0118

こんにちは。Kamikatsu-TeaMateの百野です。

梅雨入り宣言してから、3,4日晴れの日が続いていたのであれって思っていましたが、

今週に入ってようやく雨降りになり上勝町も梅雨らしくなってきました。

コロナの影響でSTAY HOMEが続いている方にはさらに家にこもりがちになりますね~

そんな中、ようやく自粛が続いていた大阪や、東京でのイベントが再開に向け調整を

勧めていると連絡がありました(まだまだ予断を許さない状況ですので詳しい告知は

もう少しおまちください。)

上勝晩茶の生産は7月、8月に

行われるのでうちの本格的なイベント出店は9月以降にはなりそうですが、再開に向け

いろいろ準備を始めています。

僕も晴れれば畑の作業をするのですが、雨の日は屋内で作業をしておりますので、

いつもイベントでしている生産者さん別の飲み比べをやってみました。

各生産者によって味が異なる上勝晩茶。この違いはそれぞれのお茶の「個性」

として、うちでは茶葉を混ぜることなく販売をしております。

酸味の強いキレのあるものやあっさりと飲みやすいものなど、、、、

発酵が織り成すこの味の違いが上勝晩茶の特徴であり、魅力だと思っています。

皆様も是非ご自身に「一番合う」上勝晩茶を探してみてください。

 

在来種の茶の木で作られる上勝晩茶

茶の木挿し木1

茶ノ木の挿し木

いろんなサイトを見ても最適期は6月下旬から7月ごろとかかれていますが、その頃は上勝では晩茶の茶摘みが始まっております。

ちょっと早いけど挿しました。

上勝晩茶の多くは自生している在来種の茶の木の葉っぱを採取します。

「さえみどり」とか「あさつゆ」とか品種が言えたらかっこいいけど、晩茶作りはこの在来種があってるのかな~

紅茶によくみられる「べにふうき」で晩茶作ったら面白いかも~

それにしても茶ノ木の品種ってどれも名前かっこいいよな!

Instagramのページに飛べるようになりました。

みなさま、こんにちは。

先週の非常事態宣言解除に続き継続されていた大阪、京都、兵庫でも解除になりましたね。休業要請も緩和され、街に少し賑わいが戻ったというニュースを見ました。

まだまだ油断はできない状況ではありますが、ひとまず良かったです。

関西県のマルシェやイベント、休業していたお店なんかも来月あたりからやりますよ~ってお知らせがあったり、ほんとに少しづつではありますが、回復の兆しが見えてきたのではないでしょうか。

うちもぼちぼち動き出したいと思います!

そんな中、去年の秋頃から始めたInstagramのページにようやく飛べるようになりました。まだあんまり写真UP出来ておりませんが、よければ覗いてください。

 

 

 

新規生産者さんが出荷してくれました!

生実・瀬津(せず)地域で晩茶を作られている金石和子さんです。

生産者さんの紹介もちょこちょこ更新していってますのでまたご覧になってみてくださ

い。

農家さんの紹介は「生産者のこだわり」から見れます!

上勝晩茶 249 special Fermentation 2019

249 special fermentation

 

みなさま、こんにちは。Kamikatsu-TeaMateの百野です。

GWが終わり、新型コロナウイルスも一時の勢いからするとだいぶ落ち着いていたように思われます。一部の自治体でも規制緩和などの措置がなされるなど、まだまだ油断は禁物ですが、いい方向に向かっていますね。

そんな中、昨年製造の上勝晩茶の中で、密かにまだ発酵中だった桶がありまして、その天日干し作業が完了しました。
通常は2週間から4週間ほどの発酵を経て、天日乾燥されるのですが、

今回のはなんと、249日発酵!!

約8ヶ月発酵させた超・長期発酵上勝晩茶です!

現在パッケージなんかをデザインしております。出来上がり次第、ご購入(?)orサンプル申し込み(?)していただけるようにしたいと思います。

乞うご期待!

阿波晩茶の製造方法、更新しました。

スライド1

みなさま。GWいかがお過ごしでしょうか?

今年のGWは「我慢ウィーク」というらしいですよ。

私も本来なら、今頃は東京で催事販売に出店しているはずでした。

イベントは中止になり上勝の山に篭ってとアフターコロナに向けごそごそしております。

その中で、上勝晩茶をより深く知っていただけるようにと阿波晩茶の製造方法をところを更新いたしました。

それぞれの作業について、より詳しくなりましたので、是非ご覧になってください。

木桶再生プロジェクト

木桶再生プロジェクト

 

皆様、いかがおすごしでしょうか?

毎日コロナ関連のニュースでそろそろいやになりますが、安全第一です。

どうぞ、ご自宅にて時間をお過ごしし、ご自愛下さい。

さて、最近の私はといいますと、3月から県内外のイベントは全部中止となり、

田舎にこもっております(笑)

畑作業は変わらず今年の晩茶製造に向け整備しております。

空いた時間を使い木桶の修繕に挑戦しております。

上勝晩茶は乳酸菌発酵。その中でも特徴的なのが「桶に漬けて発酵させる」ということ。

桶を作る技術も需要とともに職人さんが少なくなっているのが現状でやはり守っていかなければならないものだと思っております。

まぁ、なかなか一朝一夕でできるものではありませんが、今できることをやる!

今年のお茶作りには木桶で漬けたお茶ができるようになればいいなぁと思っております。

 

新しい農家さんが出荷してくれました。

暖冬、暖冬と言われる中、先日ようやくこの冬初の雪が上勝町で見られました。

久しぶりに寒さが堪える日となりましたが、うちでは嬉しいニュースが、、

以前から少し話があったのですが、今回新たに一軒お茶取り扱わせてもらうようになりました。

「花本」さん宅で作られるお茶は上勝町内でも神田(じでん)と言われる地域で、

昔から上勝晩茶を生産される農家さんが多い地域です。

ってことで早速飲ませていただきました。

あっさりとした味わいで口当たりがよくうちの農家さんの中でも「飲みやすい」タイプで

初めて上勝晩茶を飲まれる方や酸味の苦手な方なんかにピッタリです。

ご注文の際は農家さんの名前を指定していただくことが可能ですので、是非この機会に

お求めください。

さぁ、もうひと頑張り!

こんにちは。師走に入り、一気に寒くなりましたね。

皆様、体調崩れたりしていないでしょうか?

さて、今年は新茶出来た9月以降、東京・大阪・京都・静岡といろんなところでの

イベントに出店させてもらい、その都度、とても良いご縁をいただくことができました。

12月はイベント関連は一時お休みさせていただき、ガッツリ農家の仕事をしております。

さぁ、2019年ももう残すところ1ヶ月を切りました。

このまま一気に年末まで走り抜けますよ~

茶源郷まつり

早いもので、もう11月ですね~

今年は全国的に紅葉が遅れているようですが、上勝町では朝晩めっきり寒くなりました。

11月2日、3日は京都・和束町で開催される「茶源郷まつり」に出店してきました。

今年で3年連続。宇治茶の本場で上勝晩茶をPRしてきました。

毎年、楽しみにしているイベントなんですが、今年は特に日本全国いろんなところの

お茶が集まりいつも以上に面白いイベントでした。

3年目となり、顔なじみのお茶屋さんから初めましての方まで多くのお茶好きさんと

話をさせてもらい、とても勉強になる2日間でした。

さぁ、今週はイベント続き。今度は7日から始まる静岡・世界のお茶まつりです。

てんやわんやで準備しながらもワクワクが止まりません!!